日本語教師の仕事|体験レッスンでイーオンの評判を体感!グングン上達する英語力

公用語が日本語ではない国の人に日本語を教える

外国で日本語を教える

日本語を母語とする国は世界に2つしかありません。意外なことですが、もちろん日本ともう一つはパラオ共和国です。その他で公用語として日本語を使う国はありませんが、日本語を学ぶ人は増加しています。まずはその日本語を教える日本語教師について解説していきます。

日本語教師の仕事

勉強道具

日本語を教える教師

文字通り日本語教師は、日本語を母国語としていない人たちに日本語を教える教師です。

国語を教えるわけではない

一般の日本で習う国語を教えるわけではなく、日本語の発音や文法、文字の読み書きを教えるのが日本語教師です。

日本語は理解しづらい

日本語は文法が複雑な言語なので、教えるのが非常に難しい言葉です。外国人に分かりづらいところを理解する勉強から始めて、一から文法を教えていきます。

日本語教師の声

生徒の上達が嬉しい

日本語教師をしていて学生が日本語を理解していく姿がすごく嬉しいです。文法などを理解して上達していく姿にとても達成感があります。

日常会話が聞こえてくる

生徒が自分の口癖などを真似している時には楽しくなってきますね。教科書のような日本語を話す生徒が少しずつ日本の若者のような言葉を話すようになるのが毎日の楽しみです。

漢字に一生懸命な姿

話すことはもちろんですが、書くことに苦労する学生が多くいます。そんな中でも感じは特に難しいですが、少しずつ漢字をマスターして織り交ぜて文章にできる姿には感動します。

生徒に助けてもらった経験

外国に日本語教師として住んでいた時に、現地の人に伝えたい言葉が分からずに困惑していました。そんな時に生徒が間で通訳をしてくれて、片言ながら日本語で説明をしてくれました。そうやって助けてもらえた経験からでも自分が日本語教師として教えていることに誇りを持つことができました。

生徒との会話が楽しい

生徒と会話を交わせるようになってくると楽しさと共にやっててよかったと達成感を感じます。会話する時にも、勉強するべきポイントや生徒が分かりにくい言葉が出てくるので、勉強方法を一から学ぶこともできます。